指原莉乃の驚きの年収と貯金額がついに判明!?

 

AKB総選挙で2015年、2016年と2連覇を成し遂げTOTALでも1位を3回も獲得している指原莉乃。多数の卒業メンバーが出ているAKBグループの中にあって今の指原莉乃立場は絶対的なものですが、それと共に年収と貯金額もものすごいとの噂があるようなので真実にせまってみました。

スポンサードリンク

指原莉乃の不動のポジションを築くまでの道のり

指原莉乃がAKBグループに入ったのは2007年ですが、最初から順風満帆とはいきませんでした。

最初は「さしこ」と呼ばれ、ヘタレキャラが目立ち人気もありませんでしたが、2011年の総選挙で9位に入りメディア選抜に入ると指原莉乃に注目が集まり始めるようになりました。

「笑っていいとも!」のレギュラーメンバーに選ばれたり、ソロデビューを果たしたりしてAKBグループの中の存在感も日増しに強くなっていきました。

そして2013年の総選挙では競合メンバーを抑えて見事1位の座に輝いたのです。

%e6%8c%87%e5%8e%9f%e8%8e%89%e4%b9%83%e3%80%80%e7%b7%8f%e9%81%b8%e6%8c%99%e3%80%802013

この時の総選挙ではまだ大島優子も現役だったのでそれを抑えての1位は立派の一言につきます。

総選挙で1位を獲得してからの指原莉乃の活躍は今まで以上で様々なメディアに露出しない日はないのではないかというぐらいのものでした。

そして2015年、2016年の盤石の体制の2連覇という偉業を成し遂げたのです。

指原莉乃の気になる年収とは?

これだけの活躍を見せている指原莉乃ですが、気になるのはやはり年収ですよね。指原莉乃は一体いくらぐらい年収をもらっているのでしょうか?

2007年-2009年あたりの3年間はそれほどの活躍もなく、所属もAKSだったので雀の涙ほどのお給料だったと思われます。

指原莉乃に転機が訪れたのは2010年に有吉弘行や土田晃之、ダチョウ倶楽部らを擁する太田プロの所属になったのが大きいです。

所属事務所によって事務所と所属タレントの取り分は大きく違うのですが、太田プロは

事務所4:所属タレント6

という所属タレントにとって稼ぎやすい給料体型なのです。

ちなみに吉本は9:1、ワタナベエンターテイメントは7:3と言われていますから太田プロがどれだけ優遇されているかわかりますよね。

総選挙で2連覇を成し遂げた指原莉乃は世間では年収1億はもらっていると言われているようですが・・・

%e6%8c%87%e5%8e%9f%e8%8e%89%e4%b9%83%e3%80%80%e5%b9%b4%e5%8f%8e

実際はネット上でまことしやかに囁かれている7000万円もなく

週刊誌で報じられた4500万円が一番妥当な金額だと言われています。

%e6%8c%87%e5%8e%9f%e8%8e%89%e4%b9%83%e3%80%80%e5%b9%b4%e5%8f%8e%e3%80%80%e9%80%b1%e5%88%8a%e8%aa%8c

4500万円でももちろん多い金額だとは思いますが、2連覇の偉業とメディアの露出がとても多い指原莉乃にとっては意外と少ない金額なのかも知れません。

スポンサードリンク

指原莉乃の驚きの貯金額とは!?

「HKT48のおでかけ!」にてフットボールアワーの後藤から貯金額を詰められていましたが、本当の貯金額はいくらぐらいなのでしょうか?

%e6%8c%87%e5%8e%9f%e8%8e%89%e4%b9%83%e3%80%80%e8%b2%af%e9%87%91%e9%a1%8d

指原莉乃の直近の年収額は4500万ですが、メディア選抜に入ってからの年収はこのあたりが妥当なのかと思います。

2011年  800万円
2012年 1000万円
2013年 2000万円
2014年 2500万円
2015年 4000万円
2016年 4500万円

合計すると1億4800万円もの金額になります。

もちろん両親に親孝行したり、交際費等に使う金額もあったと思いますが、「億じゃない」と否定しつつも実際は1億くらいの貯金はありそうです。

まとめ

AKBグループの顔である指原莉乃の年収と貯金額はやはりすごいものでした。少し停滞気味のAKBグループですが、指原莉乃の更なる活躍でグループ全体、そして自身の年収と貯金額もうなぎのぼりにあげていって欲しいものです。

コチラの記事も合わせてどうぞ!!

大島優子の実家は寿司屋だった!?家族に姉がいる?電撃結婚発表間近か?

横山由依の私服はダサい!?驚きのすっぴん画像あり。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です