高橋名人の16連射は真っ赤な嘘だった!逮捕されたのはバネ仕込みがバレたため!?

80年代後半ファミコンブーム全盛期に突如現れ、16連射を武器に当時の小学生の心をわしづかみにした高橋名人。そんな高橋名人が大人気番組「しくじり先生」に出演しましたよね。高橋名人が一体何をしくじったのかと思いきや現在アラフォーのファミコン世代の心をズタズタにする数々の発言を連発しました。今改めて当時の高橋名人フィーバーを掘り起こし、しくじり先生で高橋名人が語ったこととリンクさせてみました。

スポンサードリンク

高橋名人のしくじり告白とは?

高橋名人がしくじり先生に出演が決まるとまだオンエアされていないにも関わらずネット上には高橋名人の話題があふれました。

予告動画でも当時の小学生の夢を壊す発言をあっけらかんと告白しています。

ゲームが超下手

スーパーマリオは1-3までしかいけない

といった発言は16連射を武器にスターフォーススターソルジャーといった難解なシューティングを縦横無尽に操作していた高橋名人の言葉とは思えないものでした。

16連射は真っ赤な嘘だった!

スターフォースやスターソルジャーは連射をしないと倒せない敵が存在し、それを倒すことによって高得点がもらえる為、これらのゲームは連射の腕前が必須でした。

そこに彗星のように現れた高橋名人は16連射を武器に数々の固い敵に連射を決めまくり小学生の憧れの存在になりました。

https://twitter.com/GD_t0m0t0/status/842390278765928449

小学生の誰もが16連射出来るようになるために練習に励み連射回数を測定できる機械

シューティングウォッチ

がバカ売れしました。

後年高橋名人は自身のブログで16連射に対するあるエピソードを話しています。

高橋名人ブログ

これによるとある意味当時の小学生は騙されていましたね。

まあ、高橋名人が悪いわけでもなんでもないんですが。

スポンサードリンク

高橋名人は実は逮捕されていた!?

人気絶頂だった80年代後半、高橋名人が逮捕されたという噂が全国で広まりました。

理由は16連射をするためにコントローラーにバネを仕込んでいて、その仕込みが警察にバレて逮捕されたというものでした。

実際は高橋名人は逮捕などされていなくて牛込警察署の一日署長を務めただけなのですが、警察に呼ばれたところだけが独り歩きして逮捕されたという都市伝説が一気に全国に広まりました。

高橋名人はバネを入れて16連射を成功していたと言われたので実際にバネを入れて見たことがあるそうです。

「16連射はバネを仕込んでる」なんて疑われたこともありましたね。だから実際にバネを仕込んでみたんです。でもバネが邪魔でボタンを早く押すなんてできなかった。楽できるかと思ったんですが、無理でした(笑い)。

このエピソードからも高橋名人の16連射は仕込みでもなんでもなく汗と努力の結晶だったんですね。

まとめ

高橋名人のしくじり先生での暴露話には一瞬戸惑ってしまいましたが、30年以上たっても私たちの記憶に残っている高橋名人はまさに伝説といってもいいと思います。これからも高橋名人はアラフォー世代にまだまだ夢を与えてくれるはずです。いつまでも輝いて素敵な高橋名人をずっと応援して行きましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です